interview

自分一人じゃなく、チームで働く楽しさがある

Yuki Nagashima

長嶋友基

大学1年生の6月からインターンシップを開始。広告運用を1年半、人事を半年、再び広告運用に戻り1年と数ヶ月。現在は弁護士に関する情報を扱うチームで、SNSなどディスプレイ広告の運用を統括。トップシェア獲得に向け奮闘中。

仕事にハマったキッカケは?

僕が入社して配属されたのは、広告の部署の中でも特にインターンが活躍しているチームでした。ユーザーにどんな体験を届けるか、売上等の数値目標をどう達成するかーー。インターン同士が熱い議論を繰り広げ、戦術立案から実行まで、みな能動的に行っていました。そんなチームでしたので、所属するとすぐに僕も先輩インターンの背中を自ずと追いかけはじめました。こうしたらどうか、ああしたらどうかと、先輩の見よう見まねで次々上司に提案していきます。しかしこれが、なかなかうまくいきません。私の提案はまったく上司に響かず、序盤は大苦戦。一方で、提案の差し戻し時には必ずフィードバックをいただけたので、進む方向についての迷いやモチベーションのブレなどは生じませんでした。フィードバックを正面から受け止めて改善を繰り返していくと、次第に提案の質は向上していきました。ついに「いいじゃん、やってみなよ」と上司から言ってもらえる日が訪れました。入社から1ヶ月たった頃には、チームで取り扱っている広告媒体を2件任せていただけることに。小さな改善を繰り返すことで結果につながり、裁量が広がっていく。この感じがとても嬉しかったのを覚えています。

自分のできることが増えるにつれ、より難易度の高い仕事を任せてもらえるのが楽しく、もっと働きたい、もっと価値を創造したいと思うようになりました。

自分のアイデアが誰かの「体験」を生み、それがお金に変わる。そんな感覚を味わえる学生は世の中にそう多くないと思います。「こんな人にこんなメッセージを届けたらこんなアクションにつながるんじゃないか、するとこれくらいの売上が見込めるんじゃないか」というように仮説を提案して、会社から予算を獲得し、その仮説どおり実行したら売上数百万に。こうしたことも日常的に起こりうる職場です。

仕事を任されて責任感が増し、結果を出すことでさらに裁量が広がり、また仕事が楽しくなる。この好循環をつくることができたので、入社から1年で最優秀インターン賞をいただくことができました。

仕事で一番大変だった経験は何ですか?

一番大変だったのは、人事に異動した直後の1ヶ月ぐらいですね……。
キュービックには"インターンドラフト"という制度があります。インターンが他部署への異動希望を出せる制度なんですが、この制度を使って広告の部署から人事へと異動しました。人事では、インターン採用担当として面談等を担当することになりました。

広告の部署にいた頃は、自分で考えた施策を実行して最終的に売上が出たらそれが"自分の成果"という確かな実感がありました。
でも人事に移って採用の仕事をしてみると、最初に合同説明会などのイベントで話したのは自分、一次面接したのは採用チームの〇〇さん、二次面接したのはメディア部署の△△さん、というように、1人の候補者の応募から内定承諾にいたるまで多くの人が関わるんですよね。そのため「自分が成果を出した」という実感を感じにくかったのです。1ヶ月ぐらいすると"チームで成果を出す"ということが楽しめるようになったのですが、それまでは正直きつかったですね……笑
チームで成果を出すことを楽しめるようになったのは、チームメンバーの存在が非常に大きいです。「みんなでこの目標を達成しよう」と一緒に走ってくれる仲間がいたので、その仲間と励まし合い鼓舞しあって、前に進めたと思います。

また、きつい中でも頑張ることができたのは、「長期インターンシップ」という取り組みの価値を信じていたからだと思います。インターンシップで身に付くのは広告運用やメディア運用といったビジネススキルだけではなく、思考力や決断力、働くうえでのビジネスマナーやスタンスなど将来的に必要になることばかりです。この長期インターンシップという仕組みは人を大きく成長させてくれるので、それは社会にとっても大きな価値ですよね。しかし長期インターンシップの価値は世の中において、まだまだ正しく広く認知されていないと感じています。長期インターンシップの価値は私自身が身を以て感じてきたことなので、面談に来てくれる候補者に対して常に熱量を高く持って伝えることができました。「採用活動を通じて、長期インターンシップの価値を理解してもらい、その存在を世の中に広める」という仕事自体に強い意義を見出せていたからこそ、自分一人の上げる成果という点に固執せず、前進できたのかなと思っています。

これまでを踏まえ、今後どうなっていきたいですか?

インターンとして入社したキュービックですが、長くこの会社で働く中で、代表である世一さんの価値観と自分の価値観とがマッチしていることを感じ、新卒として就職することを決めました。今は内定者として働いています。
現在の業務としては、広告部署の弁護士に関する情報を扱うチームで、SNSなどディスプレイ広告全般の運用を担当しています。CVメディア事業でトップシェア獲得という目標達成に向けて、ディスプレイ広告の攻略は必要不可欠です。3年間の運用で培ったスキルを存分に発揮し、プレイヤーとして、そして後輩を育成していく人間として会社に大きく貢献したいです。事業と組織両方の観点で、ビジョンを実現するための強固な土台を作っていきたいと思います。

Welcome to Our Office!

QRコードからLINEで連絡してみる

まずは簡単登録

Welcome To Our Office!

あなたの「やってみたい」の気持ちに答える情報発信をLINE上でおこなっています。
「友だち追加」お待ちしております。
友だち追加